肌の弱い人こそレーザー脱毛

###Site Name###

肌が弱いからレーザー脱毛は諦めている方、いらっしゃいませんか。

実はそんなあなたこそ、レーザー脱毛すべきなのです。

そもそもレーザー脱毛とはレーザーを当てるだけでムダ毛を処理する方法です。

黒い色に反応するレーザーを利用して、肌内部の毛母細胞にダメージを与えて破壊するわけです。

ただ、ムダ毛は肌の中から生えているので、熱処理される際に肌にも多少はダメージがあります。

それを防ぐためにジェルをぬったり、照射後に冷却して保湿したりするわけですが、それでも肌は乾燥します。

そういった肌へのダメージを考えて肌の弱い方は医療レーザーを諦めがちです。ただ、ここで考えてもらいたいのが自己処理の危険性なのです。

カミソリや毛抜きを使うのが主なムダ毛の自己処理方法ですが、これらの方法は意外と肌に与えるダメージは大きいといいます。
カミソリでは肝心の毛だけでなく、角質までそり落としてしまい、肌を危険な状態にしてしまいます。



さらに毛抜きは毛を抜く際に毛穴に大きな力がかかるため、切れ毛やそれに伴う埋没毛、毛穴ぶつぶつの原因となるのです。それにこれらの方法は処理できるのは見えている部分だけなので、いったんきれいになってもまたすぐに生えてきてしまい、処理を繰り返すことになり、肌にダメージを与え続けることになるのです。



それに比べて医療レーザーはその時は多少肌にダメージがあるかもしれませんが、適切なケアでダメージは最小限に抑えられますし、何といってもいったんきれいになればその状態を一生維持できるので、その後カミソリなどのケアで肌に負担を与えない魅力が大きいのです。



PAGE TOP